現在,刑事事件のご相談は取り扱っておりません。

刑事事件

刑事事件でこんなお悩みはありませんか?

  • 家族、友人が突然逮捕されてしまった
  • 警察、検察に呼び出しを受けている
  • 犯罪に巻き込まれたけれども、泣き寝入りしたくない
  • 示談の連絡があったが、直接話をしたくない

弁護士へ依頼するメリット

加害者側になってしまった場合には、少しでも早く元の生活が取り戻せるよう迅速に対応し、早期・最善の解決ができるようサポート致します。国選弁護士ではなく、私選弁護士を選任するメリットとしては、警察から呼出しは受けているが逮捕されていない段階でも依頼することができ、早期段階から弁護士を選任できることです。

不起訴処分を得るために、裁判官が勾留の決定をするまでの72時間の内にどれだけ的確に対応できるかが、刑事事件における重要なポイントです。

被害者側の場合には、被害者回復の観点に立ち、「泣き寝入り」で終わらせないような活動を行います。代理人として動きますので、ご依頼者が直接矢面に立たなくて済むことも大きなメリットといえるでしょう。安心してお任せください。

刑事弁護

罪を犯してしまったら、相応の処分を受けることになります。

罪を犯したという事実は、弁護人でも覆すことはできません。しかし、ただ処分を待つのと、適切な弁護活動をした上で処分を委ねるのとでは、結論に違いが出てくるのは明らかと思います。

示談など被害者との対話を進めたり、犯行に向き合って反省や再販をしない誓いを一緒に考えたりすることができます。

もちろん、身に覚えがない罪を着せられた場合は、全力で無罪を勝ち取るために活動します。

被害者弁護

刑事事件の被害者になった場合、犯人に対する被害届・告訴状の提出や示談の働きかけなどのお手伝いができます。

加害者やその弁護人との煩わしい交渉もお任せいただけます。

028-689-8061
法テラスの無料相談可能 土日夜間も相談可能です。(要予約)詳しくはお電話にてご確認ください。
top_bn02_sp.png
あまね宇都宮法律事務所
あまね宇都宮法律事務所
ご予約はこちらご質問はこちら